検索
  • 若嫁

魚の通販で大事にしていること

今、大福丸が力を入れていることの1つ【鮮魚通販】

4月末ごろから鰆やヒラメ、舌平目や鯛など様々な魚介を

切り身にしたり、味噌につけたり、もちろん1匹売りにしたりと

色んな形で展開していきます!

※絶賛準備中


そんな鮮魚通販をする上で、一番大切にしていることを

今回は紹介したいと思います!



①締め方

魚も人間と同じでストレスを抱えて生きています。

海の中ではほどよいストレスで過ごしていたものの

海から上がってきたら、息ができなくなり

非常に苦しいです。


その苦しい時には物凄くストレスがかかってます。

ストレスを感じる状態が長く続くほど

身の中にあるATP(魚のエネルギー源で旨味の元にもなる)成分が消費されます。


なるべく品質を落とさないためにも

ストレスをかけてあげないことが大事!


どうすればストレスがかかりにくいか?


・海から上がってきたらいち早く絞めてあげること(別名:即死)


基本的は

〈脳の部分を包丁で刺して締める〉

〈氷で冷やして絞める〉

のどちらかで漁師の皆はやってます。


が、

刺して絞めるのは手間なので

だいたいは氷で絞めるのが多いです。

でも、氷締めだと死ぬまで時間がかかってしまいます。


なので、大福丸の鮮魚通販では

獲ってすぐに脳を刺すという方法をとってます。

なるべく魚にストレスをかけたくないですよね。


②血抜き

近年“津本式血抜き”という言葉が

漁業界や飲食業界では流行ってます。


大福丸の潜水士も津本ファンの1人です。

暇があればYouTubeで津本さんが魚の血抜きをしている

動画を見ます(笑)


なぜ、血抜きが大事か?


死んでいる状態の魚の中に

血が少しでも入っていると

臭みや腐敗の原因となるからです。


そんな魚の中の血を抜くのにも色んな方法が

ありますが、この津本式血抜きの方法が

一番きれいに血が抜けるのでは

と、私たちは考えます。


専用のノズルを使ってます。


実際にこれを使って血抜きをしたヒラメを

刺身にして家族に振る舞いました。

何回もヒラメを食べたことがあるお父さんが

「ちゃんと血抜きをしたヒラメってこんなに美味しいの⁉」

と驚いてたほど、味が違ったそうです。

血抜きひとつでこんなに

喜んでくれるのは嬉しかったな~。



4月21日から5月末までぐらいは

鰆(サワラ)がメインです。


鰆は血の多い魚なので

いかにきちんと血抜きができるかで

味がそうとう違ってくると思います。


「大福丸の魚は全然臭くない!」

「こんな鮮度のいい魚は初めて!」

と、思ってもらえるような魚をお届けするために

上記で紹介した2つのことを日々研究してます!


4月末ごろには

商品カゴにアップしますので

もうしばらくお待ちくださいね!


51回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示