検索
  • 若嫁

真蛸について

最終更新: 2020年11月2日

瀬戸内といえば“タコ”という方もいらっしゃるほど

有名になりましたね。

そんな真蛸ですがもちろん大福丸でもタコ壺漁を行っておりますよ。


【時期】

5月~8月末、10月~1月末までとなってます。

年中獲れるタコですが、資源保護の為

獲ってもいい時期が今は厳しく決められております。


【伝統的な漁法】

タコは“タコ壺漁法”という手法で行います。

経験と勘が非常に重要な漁法です。



タコは基本的に岩場や砂場などに潜りこむ習性があります。

その習性を利用し、タコが入れるぐらいの壺を入れることで

壺の中に自然と入って身をひそめます。



全長約1000mのロープに100個~200個ほどのタコ壺をつけ

海に沈めます。そこから約1日~2日放置します。

その後、ロープを引き上げ、壺に入っている蛸を出します。



【オススメの食べ方】

塩飽諸島沖で獲れたタコは肉厚で身が引き締まった特徴な真蛸。


我々漁師は、蛸めしや蛸の天ぷらにして食べることがよくあります。

蛸めしは大福丸のおばあちゃんの得意料理なので

瀬戸内国際芸術祭の時には、蛸めしの店“島娘”として

本島の蛸めしを島外の方々に振舞いますよ。


タコの甘味とご飯が見事にマッチし、何杯でも食べれる蛸めしです!

ご家庭でも簡単にできますので、是非試してみてください。


その他にも、

刺身にして食べても良し、タコ焼きを作って皆でパーティーをしても良し

キュウリと一緒に酢の物にしても良しと

なんでも使えるタコです。



【販売方法】

5月1日から8月31日まで、10日1日から1月25日までの期間限定

1匹から承ります。

大きさにより全然重さが違うため

ご購入を検討している方は、【大】【中】【小】のいずれかをご希望の上

ご連絡くださいませ。その後、金額をお伝えします。


・茹蛸

・生蛸

どちらでも承ります。


詳細は商品ページからご確認くださいませ。

13回の閲覧0件のコメント