検索
  • 大石一仁

本島の伝統漁法【タコ壺漁】

皆さんタコ壺漁はご存知でしょうか?

先ず、こちらがタコ壺です。



タコ壺漁とは、タコが海底に巣穴を掘り住処を創るのを参考にして 開発された漁法です。

ここでク〜イズ!!!

Qタコ壺漁が生まれた時代は何時代でしょう?

。。。。。。。。。。。。。。。。。

正解は.......................

。。。。。。。。。。。。。。。。。

A.   縄文時代

すごくないですか(笑) 縄文時代といえば今から1万年以上前の時代。 タコ壺漁の歴史は「1万年」ということ。

僕が思うに何が1番すごいかと言うと縄文時代の人達が なぜ、タコが海底に巣穴を作り住処にしているのが分かったのか。 水中メガネのない時代に..........

そして、縄文時代から現在までタコ壺の形が変わっていないこと。

これが縄文時代のタコ壺です。



そしてこれが現在のタコ壺



昔と現在で変わった点をあげると 材質がプラスチックになり頑丈になったことだけ。

タコ壺の最もベストな形は縄文人の手によって作られていました。

いや〜縄文人マジすげえ(笑)

縄文人さま。 あなた方の努力と研究のおかげで僕たちは日々美味しいタコを全国の皆様に お届けすることが出来ております。 全国のタコ壺漁師を代表して僕からお礼を言わせてください。

本当にありがとうございました!!!

16回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示