検索
  • 大石一仁

人生山越え山越え

皆さんこんにちは。 かずひとです!!! 僕の人生で最初に訪れた大きな山は 18歳。 前途でもお話した夏のマナガツオ漁から始まり そして、次の試練は冬の潜水漁。 17歳当時僕は父親が船長を勤める 「潜水漁」の船に綱持ち(船長・潜水士のサポート役)をつとめておりました。

潜水漁シーズンが終わった春に 潜水士さんが家庭の事情で潜水士を引退すると伝えられました。 父親達は「来年の潜水漁どうしようか。」と 大変頭を悩ませていましたが。 僕は心の中で「こんなチャンスはない!」と思い 父親に「来年から潜水士を俺にさせて欲しいと願い出ました」 危険な仕事なので返答には時間がかかっていましたが 「来年から潜ってくれ」と伝えられ 僕は、心の中で「よっしゃー!!!」 幼い頃からの夢の1つでもあった 潜水士を来年出来る! 胸を躍らせていました。 すぐに、試験会場がある 広島県まで出向き講習を受け 国家試験でもある「潜水士」を無事1発合格しあとは、冬の本番まで待つだけ。 「たーのーしーみーだー!!!」 (だけど、僕は知らなかった。潜水漁の過酷さを………) そして、時は流れ 潜水漁シーズンの幕開け。 初めて入る海の中は綺麗なんだろうなぁ と心躍らせながらいざ潜水!!! 言われた通りにしてどうにか 海底に着低。 「よっしゃー、タイラギ貝獲るぞー💪」 「あれ、あれあれ」 「歩けない。潮流が速くて全然歩けない」 そして、 「タイラギ貝が見つからない」 僕の初日の潜水漁の成果は ベテラン勢の10分の1以下 最低の結果となってしまった。 祖父と父親は漁師仲間から 聞いた話ですが タイラギ貝をたくさん獲っていたと 聞いていたため、自分の才能の無さに愕然としました。 初日はこんなもんやろと 言われましたが、連日獲れない日々が続き とうとう父親に渇を入れられる始末。 ばっしゃ漁に続き潜水漁。 18歳の僕にはデカすぎる山への挑戦。 この山を越えた先には 最高の景色があるに違いない。 「絶対に登ってやる」と 覚悟を決めた18歳の冬でした。

6回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示